アイルランド英語留学・ワーホリおすすめ紹介!

スポンサーリンク

アイルランドの名前は分かるけど場所はよく分からないなんて方も多いのではないでしょうか?上の写真のようなアイリッシュパブは日本人にも馴染みがありますよね。実はアイルランドはイギリスのお隣の国なんです。イギリスの隣なので使われている言語も英語なので英語を上達させたい人にはもってこいの国なんです!日本はアイルランドとワーキングホリデー制度も結んでいるのでワーホリ先にもおすすめの国です。

今回はそんなアイルランド留学・ワーキングホリデーについておすすめポイントや費用についてまとめて紹介して行きたいと思います!

アイルランドについて

まずはアイルランドってどんな国なの?という人のためにアイルランドについて紹介していきます。先程も紹介したのですが、アイルランドはイギリスの右隣りに位置している島国です。イギリスの首都ロンドンまでは飛行機で1時間半で行くことができちゃうんですよ〜

概要

アイルランドの首都はダブリンでアイルランドの中央東のあたりに位置しています。国全体の人口は約460万人と日本の四国地方と同じくらい、面積も84,421㎢と北海道とほぼ同じ大きさの国です。人口の36%は25歳以下が占めていて若年層が多いことでも知られています。

全世界に住むアイルランド系の人々は、およそ8000万人と言われています。イギリスの支配を逃れて、また19世紀半ばに起こった大飢饉から生き延びるために、アメリカやイギリス、オーストラリア、南米へと渡っていった移民の人たちの子孫にあたる人々です。ジョン・F・ケネディ、ウォルト・ディズニー、チェ・ゲバラなどが有名ですね。

言語

実は第一公用語は英語ではありませんが、実際は一部の地域でのみ「ゲール語」が話されているだけで、ほとんどの地域では英語が話されています。最近はゲール語を復興させようという動きも見られますが、依然英語が優勢なのは変わりません。

気候

アイルランドは雨が多く、ほぼ2日に1回は雨が降ります。基本的に通り雨なので30分もすればやみます。霧雨のことも多く、現地の人はあまり傘をもたず、フード付きのジャンパーなどでしのいでいます。

しかしこの雨のおかげでアイルランドでは一年を通して枯れることなく鮮やかな緑が残ります。これが「エメラルドの島」と呼ばれることの理由です。さらににわか雨が多いことから虹も頻繁に見られます。この変わりやすく豊かな自然が、人々の想像力を刺激して、妖精や神話などの伝説を生んでいます。

性格

アイルランド人はお酒と音楽が大好きです。アイルランドには、クラブもたくさんあり、ダンスや音楽を楽しみながらお酒を飲む習慣があります。飲酒量で世界一になったこともあるくらい酒豪がたくさんいます。

アイルランドには気さくでフレンドリーな人が多いです。そのため、旅行など街を歩けば気軽に話しかけられることがあります。大人しく控えめな方が多い日本人からすると気軽に話しかけてくれる性格は気軽に交流ができたり、話のきっかけ、出会いのきっかけをもたらしてくれる良い性格と言えそうですね。

留学やワーホリの際も彼らのフレンドリーさに助けられる場面も多いかもしれませんね♪

アイルランド留学のメリット

英語漬けの日々が送れる

アイルランド留学をする日本人は、他の英語圏の国と比べて圧倒的に少ないです。そのため母国語である日本語を使う機会がほとんどありません。そのため、英語を本格的に勉強したいという方にとっては英語漬けの好環境ということになります。

留学中に日本人とばかり交流していたら何をしに留学に行っているのか分からないですよね。留学したけれど思うように英語の習得ができなかったという失敗のほとんどの原因が、日本人と多く交流していたためなのです。

日本人が多い環境でも最初は頑張って外国人に話しかけていくことができるかもしれませんが、辛くなったときに日本人が隣にいたらどうでしょう?日本語で話しかけちゃいますよね。でも最初から日本人が少ないアイルランドに行けば、辛い時に相談する相手も必然的に外国人なので英語で話すしかありません。アイルランドで英語漬けの日々を送っていれば大幅な英語力アップが期待出来ます。

様々な文化に触れることができる

アイルランドは高い教育水準かつ、学習に適した環境が整っており、ヨーロッパ各国からの留学生が多い国です。そのためアイルランドだけでなく、ヨーロッパの文化を学べることもメリットの1つです。

留学生が多国籍ということはそれだけ触れられる文化も多いということです。せっかく留学に行くなら英語以外にもたくさんのことを得たいですよね!世界中に共友達も出来て、彼らから母国の様々な話を聞けたら価値観が広がること間違い無しです。

アイルランド留学費用

1か月 30~60万円
3か月 60~130万円
半年 110~240万円
1年間 220~400万円

アイルランド留学にかかる費用の目安がこちらです。アイルランド留学の費用は、1か月でおよそ30~60万円、1年間でおよそ220~400万円です。物価は日本より少し高い程度です。

滞在費を抑えたいならホームステイを!

アイルランド留学では、ホームステイによる滞在が主流です。
そのほかにも、学生寮やアパートを借りて生活するという手段もあります。

ホームステイの場合、滞在費と食費込み(朝夕、場合によっては3食付いてくることもある)で、1か月6~10万円ほどになります。食事も出てくるホームステイの場合は1ヶ月で5万円近く生活費が節約出来ます。

アイルランドワーキングホリデー

アイルランドは日本とワーキングホリデー制度を結んでいます。カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、アイルランドの5カ国が英語圏のワーキングホリデー提携先です。最初の3ヶ月はホームステイをしながら語学学校に通って、その後はシェアハウスやアパートに引っ越してアルバイトで就労するというのが王道のコースです。

こんな人にはおすすめ

留学に関しても同じことが言えますが、都会が好きという人にアイルランドはあまりおすすめ出来ません。アットホームでフレンドリーな雰囲気の中で雄大な自然を感じながら生活がしたいという人にはもってこいの国です。

アイルランド人の性格のところでも話しましたが、彼らはとにかくお酒と音楽が大好きです。パブ文化が根づいているので夕食後にお酒を飲みにパブに出かける人も多いそうです。お酒好きの人はぜひパブに行ってください。パブは交流の場所でもあるので現地の人とのつながりも簡単に作ることができるでしょう。仕事後にギネスビールで乾杯!なんて最高の贅沢ですね♪

費用

1年間アイルランドにワーキングホリデーをする場合、100~150万円程度準備しておくと良いでしょう。
上記はワーホリ中にアルバイトをしてある程度の収入を得るという想定の元の目安なのでアルバイトをしない場合は200万円以上の費用が必要となる場合があるので、しっかりとお金を貯めておくことが大事です。

まとめ

アイルランドは日本人にとってあまり馴染みがない国だからこそ、留学先やワーキングホリデー先としてとてもおすすめ出来ます。

雄大な自然やフレンドリーなアイルランド人と共に生活することで日本ではすることの出来ない経験ができることでしょう。また、ヨーロッパを中心にたくさんの国から留学生が来ているので一回の留学で様々な文化に触れられることも魅力です。

皆さんもアイルランドで最高の経験をしてみませんか?

The following two tabs change content below.

Shimpei

レアル・マドリードを愛してやまない21歳のサッカー小僧。 笑顔を武器に2019年春に世界一周スタート。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ