オーストラリア人に言われた『人生の目的』を考えさせられる言葉

スポンサーリンク

background-1517622_1280

自分は「なんのために生きているんだろう。」おそらくそう考えたことがある人は少なくないのではないでしょうか。「あなたは何のために生きているの?」そう聞かれて明確な答えを答えれる人は少ないかもしれません。僕自身も100%自身を持って応えることはできません。でも、見つかるものも探し始めなければ見つかることはないのです。大事なことは少し勇気を振り絞って、外の世界にでてみることなのです。今回は僕が海外を旅していた時に出会ったオーストラリア人に言われた、『人生の目的』を考えさせられる言葉を紹介します。僕の経験談の共有が、少しでも、これを読んでいただいている人の人生の目的を考えるきっかけとなってくれればと思います。

日本人って、『Live for Work』だよね

work-2005640_1280

僕が世界を旅している時、インドネシアの宿で出会ったオーストラリア人に言われた言葉があります。僕たちはお互いの国の話をしていました。知らない土地に行って、初めて出会う人に自分の知らない話を聞くことは旅の醍醐味の一つですよね。

彼は僕に言いました。『日本人ってさ―仕事するために生きてるよね(Live for Work)。でも俺たち(オーストラリア人)って生きるために仕事してるし、生きるために遊んでるんだよね。(Work for Live)』僕は彼に言われたこの言葉を自分なりに解釈しました。間違いなく、僕は仕事をするために生きていませんでした。仕事をするために生きているなんて一度も思ったことはありません。でも、彼は日本人はそうだといいました。もちろん皆がそうではないと思いますし、それが間違ってるわけでもないと思います。でも僕は彼の言葉に対して何も言うことができませんでした。彼はおそらく生きるために仕事をして、旅をしていました。でも彼は、それは彼だけでなく彼らがそうだと言ったのです。僕は胸を張って「日本人だって!」とは言えなかったのです。

確かに客観的に日本の社会を見ると、仕事をするために生きている人が多いように見えます。確かに、生きるためにはお金が必要です。生きるためには仕事が必要です。しかし、本来仕事とは生きるための手段であるにも関わらず、仕事が生きる目標になっているのではないでしょうか。日本人は勤勉で、休みの日も働くのが当たり前。一生懸命働くことこそが美学。と言った風潮があるように思えます。事実、そういった人たちの働きのおかげで戦後すぐに高度経済成長を迎え、日本は世界の中でも有数の経済大国となったことは間違いありません。しかし、僕たちは仕事をするために生きているのではないと、僕は思います。実際、経済大国と言われている日本にも関わらず、国民の自殺率は世界で6位です。毎年2万2千人の人が自殺でなくなっています。安全だと言われている日本ですが、果たして本当に国民の心は安全といえるのでしょうか?自分の人生の目的を見つけることができず、与えられた仕事を与えられるのみでストレスを抱えている人が多いのではないのでしょうか?

俺達は『Work for Live』なんだ。

market-3117048_1280

そして僕は彼の言葉に驚いていました。もし、彼がそういう生き方をしていて、「自分はそう生きているんだ」というだけならそこまで驚きませんでした。しかし、彼は「俺達は」というのです。俺たちオーストラリア人は、「Work for Live」なんだといいます。彼は自分の国を代表して日本人の僕に彼らの価値観を伝えてくれました。もちろん、オーストラリアにもそうではない人もいるかもしれません。しかし、おそらく大多数のオーストラリア人を見た時に、それは「真実」なのでしょう。それは彼の自信に満ち溢れた話から簡単に理解することができました。彼らは生きるために仕事をしているのです。つまり何がいいたいかというと、人生ありきの仕事。人生=仕事ということが成り立つ人もいるかもしれません。でもやはり、人生が合っての仕事なのです。自分の人生を生きるために、僕たちは生きているのです。

仕事がダメなことなどということは思いません。ただ、僕が彼の言葉を受けとって1番感じたことは、「自分で選んで、自分の人生を選んで生きることこそ人生なんだ」ということです。簡単に言うと「働かされていないか?」ということです。

「仕事だりー」「こんなこと俺のやりたいことじゃないんだ」といいつつ、いやいや与えられた仕事をやっている人が多くいるように見えます。実際これを書いている僕は24歳。僕の周りには大学を卒業して、社会の流れでそのまま就職し、このように仕事に対する愚痴を言っている人が多いです。就職をすることが悪いと言っているのではありません。ただ、「それは自分で選んだ道なの?」ってことです。もし、就職する前に自分の意志で決定できないのなら、一度旅に出てみるのもいいかもしれません。いわゆる「自分探しの旅」ってやつです。社会で正しいと言われている道ですが、一回くらい外れてみちゃってもいいんです。それに、「人生の目的」なんてすぐに見つかってしまうものではないと思います。ましてや大学3年生から始めるたった1年で行う就職活動で一生を捧げる会社なんて見つかるはずがありません。焦らなくていいのです。見つからないのなら探すことから始めればいいのです。

世界の偉人も「旅」から「人生の目的」を見つけている

graffiti-1233088_1280

事実、海外に出ると、同年代でも大学卒業後に海外を旅して大学や会社だけでは経験できないことをした上で、自分の人生の目的をみつけ、それを叶える手段として仕事を見つけている人が多かったです。実際に世界のトップ企業の人や世界の偉人と言われる人は「旅」をしている人が多いです。アップルの創設者であるスティーブ・ジョブスや、資本主義社会に異を唱えてたった10人で武装してキューバ革命を起こし、キューバ政府を制圧して社会主義国家を建設したチェ・ゲバラも、20歳の時にバイクで南米大陸を横断する旅をしていました。彼は、医者の卵でしたが、旅をして資本主義社会の闇を目の当たりにしました。方や資本をもっている人が裕福な生活を送る中、資本を持っていない貧しい人たちは森のなかで満足の行く治療設けれない中疫病に苦しみ死を待つ生活をしていました。「こんな世界間違っている」ゲバラは旅を通して自分の人生の使命を見つけ、キューバ革命を起こしたのです。平等を唱える「社会主義」には確かに賛否両論があります。貧しい人たちは報われる一方。どれだけ働いても同じ賃金しか得られないというのは片方から見たら正義なのですが、もう片方から見たら不正義でもあるのです。

しかし、ジョブズやゲバラは確かな人生の目的を持ち、そのために仕事をしていました。それこそ、人生のあるべき姿なのではないのでしょうか。決して仕事をするために僕たちは生きているわけではないのです。生きるために仕事をするのです。仕事が生きる目的の人もいるかもしれません。自分でその道を選んでいるなら、僕はいいと思います。ただ、「働かされている」なら、「人生の目的」がまだ見つかっていないのなら、今から一度仕事をやめて、旅にでたり色んな人に会いに行って自分の世界を広げていみるのもいいのではないでしょうか。だって、自分の経験からしか今の自分の目標は見えてこないんだから。大丈夫。人生健康なうちは何回だってやり直せる。失敗したっていい。失敗は成功の糧になるから。特にまだまだ若いうちは、思いっきりチャレンジしよう!だって僕たちは生きるために、生きているんだから。

最後に、僕の好きなボブマーリーの名言を共有させて下さい。

bob-marley-1888509_1280

Love the life you live

自分の生きる人生を愛そう

Live the life you love

自分の愛する人生を生きよう
[contact-form-7 404 "Not Found"]

The following two tabs change content below.

Takahero

大卒ニートで90万円を握りしめ、世界24カ国54都市の世界放浪 !大卒ニート→世界放浪→フリーランスなヒッピー系男子

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ