社会人留学 人生を変えるかも!? 今話題の社会人留学を徹底解説

スポンサーリンク

社会人になってから「留学に行っておけばよかった」なんて思った方も少なくないと思います。学生のときには金銭的な問題で行けなかったけど、社会人になった今、海外生活への夢を捨てきれない。今の生活に飽々していて刺激がほしいなんて方のために社会人になってからの留学の種類からメリット、リスクまで徹底解説していきたいと思います。

社会人留学の種類

キャリアアップ

まずはじめに紹介するのはキャリアアップ型の留学です。キャリアアップ型の留学は海外の大学もしくは大学院に進学して学位を取得したり、企業のインターンシップに参加することです。

このタイプの特徴としては高度な英語力が身につくのはもちろん、専門分野の知識が身に付き、就職が有利になるといわれています。留学後のキャリアプランが明確に決まっている方にはおすすめのタイプになっています。

中でも特に人気なのが、経営学の修士号が取得できる、MBA留学です。MBA取得者の需要は未だに高く、多くの人がこのMBA取得のために留学しています。

キャリアアップ型の留学では高度な英語が要求されることも多く、語学力は予めアップさせてから行くのもポイントです。

語学力アップ

次に紹介するのが語学力アップのための留学です。語学学校、大学付属の語学コースに通うのが主なコースです。語学学校や大学付属の語学コースの入学において高い英語力は問われません。また、レベル別学習のため、自分に合った語学学習を始めることができます。

職場で今年から英語力が求められるようになった方などにおすすめです。時間がない社会人にも短期留学を利用して一気に英語力をアップさせることもできます。英語が話せるようになれば仕事の幅も広がること間違いなしです!

時間とお金に余裕がある方ははじめに語学留学をして、その後キャリアアップ型の留学に移行させるのもおすすめです。

語学力アップ+リフレッシュ

このタイプで一番当てはまるのがワーキングホリデーです。現地でアルバイトをしながら語学学校に通って、合間にボランティアや旅行をするというのが一般的な過ごし方です。自由にプランを組めるため、自分流のプランにカスタマイズできます。

ワーキングホリデーはキャリアアップをしたいという方にはおすすめできませんが、長期で海外に滞在しながらのんびりと語学学習をしたい方にはおすすめです!将来的に海外に移住したいと思っている人には現地の人と一番近い生活スタイルで長期滞在できるワーキングホリデーは特におすすめです。

ワーキングホリデーをのおすすめの国などをまとめて紹介しているのが下記のページになのでぜひ参考にしてみてください。

http://www.life-good.jp/wp/2018/02/25/post-463/

社会人留学のメリット

社会人留学のメリットとしてまず確実に言えるのは、社会人留学では社会に出る前の学生の視点と、数年でも社会人経験をしたことがある人の視点は異なり、視野も広がった状態で留学に行くことができるので勉強以外で学べることがたくさんあるということでしょう。

また、学士や修士を取得する場合は、専門性の高い知識が身につくでしょう。現地の人と交流をしてネイティブの英語を学んできたという経験はかなり高く評価されるでしょう。

社会人になってからの留学の目的は個々の事情に応じて大幅に異なることが特徴です。転職の合間に語学力や国際感覚を身につける留学が一般的ですが、短期間で英語のコミュニケーション能力向上を狙うプログラムも人気が高いです。

留学中には「ビジネス英語を学んでみたい」と考える人も多いでしょう。このビジネス英語のコースは、社会人経験があるからこそ身になるもので、ビジネスにどんなシチュエーションがあるのか全く知らない学生が受けても、あまり心に残らないと思います。学生とは違い、ビジネスの場に身を置いたことがある社会人だからこその利点ですね♪

そして、何よりも重要なのがモチベーションです。学生の留学とは違いこの留学にかける思いが強いのです。会社をやめて留学に行く人も多いので人生が懸かっている分、社会人留学での自分の成長は学生の留学とは比べ物にならないくらい大きなものになるでしょう。

社会人留学のリスク

社会人留学と学生留学の一番の大きな違いはリスクの有無でしょう。社会人は留学後に再就職する必要があるため、留学前よりも良い仕事に就けるかどうかは分かりません。また、「予想したより、語学が上達していないと感じる。ビジネス英語も全く学べなかった。」「英語を使う仕事の求人が、思っていたよりずっと少ない。」など、帰国後に就職に困る人もいます。

また学費や生活費などの支出リスク。社会人として貯めてきたまとまったお金を一気に支出として失うことを覚悟しなければいけません。

「英語を使う仕事」に固執しすぎるのもあまり得策とは言えません。留学の後も日本で働くのであれば、必ずしも英語が活かせる環境になるとは限りません。しかし、留学で得られた経験や技能は語学に関することだけではありません。語学以外の経験でも今後の仕事に生きるものは多いはずです。

社会人留学成功の秘訣

上記で紹介したリスクを回避するためにも「将来を見据えた留学計画を立てる」ことを怠ってはいけません。留学はゴールではなく、あくまで手段に過ぎないからこそ、帰国後の将来を見据えて留学中に何をするか、そのプランニングがとても大切になってきます。

英語力だけではなく、プラスで専門的な資格や知識、経験などを求められる社会人留学において、「勢い」だけで踏み出してしまうと帰国後の転職に繋がらず、「ただ留学してきた」なんてことにもなりかねません。

もし、やりたい仕事や転職したい企業が明確な方は、出発前から企業研究をしっかりしておきましょう。どの程度の英語力があると望ましいのか、どんな人物像を求めているのか、採用のタイミングはいつなのか、など事前に調べておくことで留学期間から留学目的までを明確にすることができるのでリスク回避の確率が大幅にアップします。

さらに、キャリアアップ留学の方は初めから全速力で成長するためにはある程度の英語力が必要になるので事前に英語をしっかり勉強しておくことも成功の秘訣です。

下記のページはおすすめの英語学習方法などを紹介しているので参考にしてください!

『日本人が英語をしゃべれない理由とは?』おすすめの学習方法も紹介!

http://www.life-good.jp/402/

まとめ

社会人留学の種類からメリット、リスクまでを紹介してきましたが、参考にしていただけたでしょうか?社会人になってからの留学は今の生活を一度捨てて新たなチャレンジをすることになります。なるべく若いうちに海外に出るほうがその後の人生に与える影響も大きくることは間違いありません。

数年前にはユニクロや楽天が社内英語公用語化し、そもそも英語力がない人は面接すらもしてもらえなくなりました。ソフトバンクや武田薬品のように、既存の社員であっても一定の英語力がないと、昇進できない会社も増えてきました。外国人採用も増えており「英語が話せ、なおかつ仕事が出来る人」を日本人から探す必要もなくなってきています。つなり、未来1年、2年はよくても、5年後、10年後を見据えたとき、英語力やグローバル力がなければ、昇進も転職も簡単にできなくなります。

今後の人生を大きく飛躍させるためにも一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.

Shimpei

レアル・マドリードを愛してやまない21歳のサッカー小僧。 笑顔を武器に2019年春に世界一周スタート。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ