[2018最新版] アメリカ留学徹底解説

スポンサーリンク

海外に行って英語を勉強したいと思ったときに思い浮かぶ国はいくつかあると思います。今までLife is Goodではオーストラリア、カナダ、ニュージーランド、セブと4つの留学先を紹介してきました。この4つの場所にする理由として一番大きな理由が比較的費用を抑えられる点だと思います。お金に余裕があれば本当はアメリカに行きたいと思っている人も多いのではないでしょうか?今回はアメリカ留学の魅力やおすすめの都市などを紹介していきたいと思います。現時点でまだ留学先が決まってない人も、すでにアメリカ行きが決まっている人にもぜひ読んで参考にしてもらいたい記事です。クールなアメリカを知っていきましょう!

アメリカ留学のメリット

学びたいことが決まっていなくても問題ない

日本の大学では出願をする際に、希望する学部を決めておくのが普通です。高校生の時にすでにやりたいことが決まっているという人もいるかとは思いますが、ほとんどの高校生や大学生は10年後にどういった仕事に就いていて、どういったことをしていたいなどと具体的にイメージ出来ている人は多くないと思います。

ほとんどの日本の大学では入学当初から学部が決められ、経済学部なら経済を学び、法学部なら法律を学ぶといったように何を学びたいかもはっきりしていないのにもかかわらずとりあえず勉強しているといった学生も多いと思います。

一方、アメリカの大学では専攻をすぐに決める必要はありません。はじめの2年は必ず一般教養科目を勉強し、3年次に専攻科目の履修を開始するからです。このシステムがあるおかげで、幅広い一般教養科目をバランス良く学びつつ、その間に自分が興味のある分野を見つけて専攻を決めることができるのです。日本でもこのシステムを導入している大学はありますが、ごく一部に限られてしまいます。

各大学には進路を気軽に相談できるカウンセラーも常駐しているので、将来に悩んでいても親身になって相談にのってくれます。学生が本当に学びたいことを自由に選んで学業に励めるシステムは、大きなメリットだといえるでしょう。

大学、語学学校の数が多い

大学や語学学校に限らず、他の国とは比べものにならないほどの学校があります。もちろん数が多いだけでなく、アメリカには経済学や工学など世界最高峰の学校が多くあります。

大学だけでなく、留学生向けの語学学校の数も多いため、地域やコース内容により選ぶことができます。学校選びを行えば、誰もが満足する学校を見つけることができるでしょう!

アメリカの大学数は4000校以上あります。この数は、日本の約750校、イギリスの約300校、オーストラリアの約40校などと比べると、いかに数が多いかがわかっていただけると思います。

憧れのアメリカンライフ!

メリットと言っていいのかわからないですけどぶっちゃけこれがアメリカ留学の一番の魅力だと思います。アメリカは、世界屈指の先進国かつ、世界最大の国民経済を有する国です。同時に政治的な影響力が強いことに加え、ファッションや音楽、各種エンターテイメントなど文化的勢力をもちます。映画やドラマなどの舞台になることも多いため、日本で生活しているとアメリカの文化に触れない日はありません。

なぜみんなアメリカ留学に行きたいのか。英語を学びたい等理由は多々あると思いますが、やっぱり一番の決めてはアメリカへの強い憧れじゃないですか?「なんかかっこいい」でも理由としては十分ですし、行きたいから行くっていうことが一番重要だと思います!

アメリカ留学のデメリット

留学費用が高い

アメリカの大学の学費は、他の国と比べて高いことで有名です。また留学では学費だけではなく生活費も必要になりますが、アメリカでは就労に関する規制が厳しいため費用の捻出に苦労する人が多くいます。

アイビーリーグをはじめとする、レベルの高い大学ほど学費が高くなる傾向にあります。また、州立大学など、日本の公立大学のような大学もありますが、州の税金で運営されているため州内からの学生と州外の学生では学費が違い州外の場合、州内の学生よりも2倍の費用がかかるというケースも多くあります。もちろん、留学生は州外の学生扱いになります。

勉強も仕事もできるワーキングホリデー制度のあるカナダやニュージーランド、学生ビザ制度でも就労が可能なオーストラリアなどと比較すると、アメリカにはワーキングホリデー制度は無いので事前に貯めておかなければならない費用は高めです。

おすすめ都市

New York/ニューヨーク

まず紹介するのは世界最大の都市と言っても過言ではないニューヨークです。行ったことは無いけどかっこいいイメージがあって憧れているなんて人も多いのではないでしょうか?ニューヨーカーっていう響きだけでもかっこいいですよね(笑)
ニューヨークはアメリカ最大の都市です。国連本部も置かれていることで有名で世界経済の中心地でもあります。さらに、世界トップレベルの金融セクターであることは間違いありません。また、世界中のトレンドやファッションの発信地でもあります。

有名大学

アイビーリーグと呼ばれる超有名私立大学のグループがアメリカにはあります。そこに名を連ねているのが、コロンビア大学コーネル大学です。この2校がニューヨークにはあります。また、ニューヨーク市立大学は、アメリカで最も歴史のある総合公立大学の1つです。トップ私立大学から歴史のある大学まで幅広い大学があるのがニューヨークの特徴です。

コロンビア大学→https://www.columbia.edu/

コーネル大学→https://www.cornell.edu/

ニューヨーク市立大学→http://www2.cuny.edu/

おすすめ語学学校

セント・ジャイルズ・インターナショナル / ニューヨーク・シティ校

当校はマンハッタン中心部にあります。校舎は5番街にあるアールデコ調のオフィス街にあり、校内はリフォーム済み。エンパイア・ステート・ビルディング、デパートのメイシーズ、グリニッチビレッジ、タイムズスクエアなど、ニューヨークの名所が目と鼻の先です。コースも複数あり、集中的に学びたい人から長期でゆったり学びたい人まで様々なニーズに応えることが出来ます。

URL→http://www.stgiles-international.com/english-language-schools/uk/new-york

エンバシー・イングリッシュ / ニューヨーク校

エンバシー・ニューヨーク校はマンハッタン中心地にあります。NYで人気の名所が学校から歩いていけます。教室では精一杯取り組む姿勢が求められますが、放課後には友人とのイベントがたくさん待っています。多くのエンターテイメントがあるこの街を楽しむのはあなた次第です!ショッピング、博物館や美術館、レストラン、ナイトライフなど、全部を楽しみたい方には、ニューヨークはまさに理想的です。日本人が少なく多国籍でタッチパネル式の黒板を使用したスピーキングに特化したレッスンを行っていて、英語力アップは保証保証出来ます!

URL→https://www.embassyenglish.com/ja-jp/locations/na/new-york

Los Angels/ロサンゼルス

次に紹介するのはロサンゼルスです。ニューヨークに次ぐ人口を誇るアメリカ第二の都市です。日本人の旅行先としても人気が高い街です。アメリカ西海岸を代表する都市であり、映画やスポーツなどのエンターテイメントが盛んな活気あふれる都市、ロサンゼルス。日系企業の進出や日本人コミュニティーも確立されているため日本人に優しい街として知られています。
アメリカの西海岸に位置するカリフォルニア州の南部に位置し、アメリカでは“City of Los Angeles”と呼ばれています。日本でも有名な映画の都、ハリウッドはこのロサンゼルス市内にあります。またビバリーヒルズやサンタモニカなどの馴染みのある観光地はこのロサンゼルス市に隣接しています。

有名大学

世界的にも有名なUCLA(カリフォル二ア大学ロサンゼルス校)はロサンゼルスを代表する名門校でしょう。その他にも多数のコミュニティーカレッジやアメリカンフットボールや映画学で有名な名門私立大学USC(南カリフォルニア大学)もロサンゼルスのダウンタウン近くにあります。

UCLA→http://www.ucla.edu/

おすすめ語学学校

カリフォルニア・ランゲージ・アカデミー

カリフォルニア・ランゲージ・アカデミーは、言語は生きていて活気に溢れたものであるという考えを基底に創設された語学学校です。言語を本当の意味で理解するにはそのことを体感する必要があると考えているため、授業の机上での勉強だけでなく、LAやサンディエゴなど外の世界での体験も重視しています。こうした熱い理念を元に、一人ひとりの生徒のことを考える温かい雰囲気の学校です。言語学習に関して本当に大事なポイントを抑えた上で英語を教えてくれるので飛躍的に英語力を伸ばすことができるでしょう。URL→http://cla.edu/

POLYランゲージ・ランゲージ・インスティテュート・ロサンゼルス校

POLYランゲージ・ランゲージ・インスティテュートは今まで何万人もの英語上達をサポートしてきた語学学校です。教育に対して非常に熱心で、生徒が自分の目標を達成するためには、教師、クラスメイト、そしてその生徒自身がみな目標に向かって真面目に取り組まなければならないと考えている学校です。この学校でのおすすめポイントはビジネス・イングリッシュコースです。このコースでは多くの留学生が集中的に英語を勉強しながら、同時にビジネスに関する英語・スキルを身に付けています。将来的に海外で仕事をしたいという方におすすめです。

URL→https://www.polylanguages.edu/POLY/lacenter.html

Chicago/シカゴ

次に紹介するのはシカゴです。ニューヨーク、ロサンゼルスに次ぐアメリカ第三の都市です。アメリカ全土で見ても、アジア人が比較的少ない土地です。シカゴはアメリカ合衆国の中西部にあるイリノイ州の最大都市です。ニューヨークやボストンへのアクセスが比較的いいです。シカゴは別名Windy City(風の街)と呼ばれています。ミシカン湖から吹き付ける強い風を受けるためです。気温の変動が激しく、夏は暑くなり、冬は冷え込みます。

有名大学

シカゴといえば、シカゴ大学といっても過言ではないくらいアメリカで有名な大学です。シカゴ大学は、私立総合大学で、大学院まであります。石油王であるロックフェラーの寄付金によって建設されました。大学のスタンスとしては、研究に重きを置いており、今まで80人以上のノーベル賞受賞者を輩出しています。研究したいことがあってそれに没頭したいという方にはおすすめです。他にもシカゴ州立大学イリノイ大学シカゴ校など多数の名門大学が存在します。

シカゴ大学→https://www.uchicago.edu/

シカゴ州立大学→http://www.csu.edu/

イリノイ大学シカゴ校→http://www.uic.edu/

おすすめ語学学校

スタッフォード・ハウス / シカゴ校

明るく広々とした学びやすい空間が特徴的です。初級者から上級者、さらにはビジネス英語まで幅広いコースがあるので自分に会ったコースを選択することが可能です。さらに、教師陣の質が高くマンツーマンでのレッスンも行っているので自分のペースで自分に最適な英語を学ぶことが出来ます。

URL→http://www.staffordhouse.com/cities/usa/chicago.htm

チュートリアム・イン・インテンシブ・イングリッシュ・イリノイ大学シカゴ

学校はイリノイ大学シカゴキャンパス内で、都心部からすぐのところ。生徒が米国文化と生活を体験できるよう、様々な校外学習やアクティビティを実施しています。名門大学のイリノイ大学シカゴ校の中にある語学学校なだけあって室の高い英語を学ぶことができます。

URL→http://www.tie.uic.edu

Boston/ボストン

ボストンといえば、日本人選手も多数在籍していたレッドソックスのことを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?しかし、ボストンはアメリカで歴史ある都市の1つであり、多くの大学があることでも知られています。また、ボストンアクセントと呼ばれる独特のアクセントがあります。

有名大学

ハーバード大学マサチューセッツ工科大学など、誰もが聞いたことがある有名大学があります。この他にも、バークリー音楽大学などそれぞれ特徴を持った有名大学があります。そのため、学生が多くとても賑わっているのも特徴です。憧れのキャンパスのイベントに参加をしてみるのもおすすめです。また、公共の交通機関が整備されているので車がなくても生活できるのは留学生には嬉しいポイントです。

ハーバード大学→https://www.harvard.edu/

マサチューセッツ工科大学→http://web.mit.edu/

おすすめ語学学校

ランゲージ・スタディーズ・インターナショナル / ボストン校

世界各国からの参加者が集まる正にインターナショナルな学校です。交通至便で観光にも便利です。中規模サイズを活かし、スタッフ、教師との距離が近くどんな事でも気兼ねなく相談できます。

URL→http://www.lsi.edu/en/english/united-states/boston/school

FLSインターナショナル / ボストンコモンズ校

この校舎はアメリカの高等教育の中心地、ボストンのど真ん中に位置しています。電車の駅前に校舎があるため、移動の心配もありません。また、FLSの ボストン校ではフィッシャーカレッジ内にも教室を展開しており、FLSに在籍しながら、大学の授業も同時に取れる大学授業同時受講プログラム開講しています。語学学校に通いながら現地の大学の授業も受講できるのはいいですよね♪

URL→https://fls.net/locations/boston_commons

San Diego/サンディエゴ

サンディエゴはスペイン統治時代の名残を感じさせる街並みとリゾート気分満載のビーチが魅力です。サンディエゴは雨の少ない西岸海洋性気候。一年を通して温暖で湿度も低く快適です。寒流の影響で深夜から朝に欠けては濃い霧が発生することも多いですが、午前中を過ぎれば晴れてカリフォルニアらしい陽気を堪能することができます。またメキシコに近く週末はメキシコに小旅行がてらパーティに行ったりすることも出来ます。

有名大学

サンディエゴといえば、州立大学であるカリフォルニア大学サンディエゴ校が有名です。アメリカには、アイビーリーグと呼ばれる日本でいう東京六大学のような超有名私立大学の集まりがあります。他にもサンディエゴ州立大学など多数の名門があります。

カリフォルニア大学サンディエゴ校→https://ucsd.edu/

サンディエゴ州立大学→https://www.sdsu.edu/

おすすめ語学学校

コンバース・インターナショナル・スクール・オブ・ランゲージズ / サンディエゴ校

授業は最大8人の少人数制を取っているので先生との距離も近く、発言もしやすい環境があります。ビジネス、学術、大学進学準備など個人の目標に合わせて、生徒がいち早く目的を達成できるプログラムあるのも魅力です。放課後は世界各地から来ている生徒と、アクティビティを楽しむことができます。

URL→http://www.cisl.edu

エンバシー・イングリッシュ / サンディエゴ校

キャンパスはサンディエゴのダウンタウン中心部に位置しており、多国籍なレストランやクラブが建ち並ぶガスランプ・クウォーターからもほんの数分です。近隣には、シーポート・ビレッジや美しいバルボア・パークもあります。現代的で最新の設備が揃う校舎で学べることも魅力の1つです!

URL→http://www.embassyces.com/schools/san_diego.aspx

Austin/オースティン

オースティンはテキサス州中部に位置する、テキサス州の州都です。人口は約190万人。IT産業を中心に近年大きな発展を遂げた街です。物価が安いこともあり物価が高いサンフランシスコやニューヨークなどの中心都市から起業を目指す若者がこぞって集まる街です。

サムスン電子の全米拠点、デルタ航空、DEL(デル)、Intel(インテル)、オールフーズマーケットなど世界の名だたる企業が拠点を置く街としても注目されています。テキサスはメキシコに近いこともあり移民も多く半分メキシコ、半分アメリカの雰囲気が感じられるのもオースティンの魅力です。

有名大学

オースティンと言えばテキサス州立大学オースティン校が有名です。テキサス州立大学オースティン校は全米州立大学内で13位にランクインしており、パブリックアイビーと呼ばれる名門州立大学の一つとしても選ばれている大型総合大学です。

テキサス州立大学オースティン校→https://www.utexas.edu

おすすめ語学学校

テキサス インテンシブ イングリッシュ プログラム

1965年創立のTIEPは、テキサス州の32の公立教育機関からなるテキサス国際教育連盟(TIEC)のリーダーシップをとる、非営利英語教育機関です。名門テキサス大学オースティン校に隣接しているため、大学とのつながりもあり、勉強には最適の環境です!

一般英語だけでなく大学/大学院準備・ロースクール受験準備・ビジネスキャリア向けなど、様々な目的をもった学生に応えられる豊富なコースが揃っています。

URL→https://www.tiep.edu/japanese/

まとめ

やっぱり留学と言えばアメリカでしょ!って思ってる人を後押しできる記事になってると思います。アメリカンライフを若いうちに経験できたらこれからの人生は大きく変わってくると思います。アメリカに強いあこがれを抱いているそこの君!私達が全力でサポートします。行っちゃえ!

The following two tabs change content below.

Shimpei

レアル・マドリードを愛してやまない21歳のサッカー小僧。 笑顔を武器に2019年春に世界一周スタート。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツールバーへスキップ